2007年06月02日

「市場」でビジネス。(赤窓042)

heijo-kyo.jpg

 平城京全図です。この宮都の西南部、黒く塗り潰した一画に国家の交易の場、「西市」があったようです。この「西市」、現在はというと、、

 mansion+.jpg

 マンションが林立しています。面影ゼロです。しかしながら、この一画に「西市」があったことを示す石碑等があります。

sekihi.jpg

 うん。石碑です。ではなぜ、石碑「等」なのでしょう?

saiiti-ato+.jpg

 実はここ、石碑だけではなく、ごちゃごちゃといろんなものが集まってある種のコンプレックスを形成しているのです。手前には真っ白な狛犬のようなものが見えます。

komainu.jpg

 解説によると彼の名前は「長安」というようです。「友好のため長安(現在の西安市)からやってきた」そうです。なんて安直なネーミング!!しかもそんな友好の使者を緑のフェンスで囲い込んじゃってます。

kaisetu55.jpg

 もちろん「西市」の解説もあります。

mokkan-kaiga.jpg

 この「西市」跡では、銭の元祖とも言える「木簡」交易銭も発掘されたようで、そのことを高らかにうたっています。

 解説文は万葉集所収の
「あおによし ならのみやこはさくはなの におうがごとく いまさかりなり」の歌で始まり、「木簡」を賛辞したあと、この解説をしたためた平城京西市跡保存委員会会長の歌でしめくくられています。

uta.jpg

 すごい歌です。万葉集の5-7-5-7-7という和歌のリズムをバロック化したような7-7-5-4というユニークに過ぎるリズムです。しかも冒頭の万葉集和歌はさして、解説文内容にからまないことから察するに、この最後の歌を詠みたいがための単なる前フリだったのね、、嗚呼。

 さて、それはそうと、ここは国家の一大交易場跡なのです。当然ものの売買も行われています。

kaisetusyo.jpg

 っていう教育委員会が出版した本を1500円也で売っちゃってます。
そして、、

mokkan.jpg

 あの高らかに歌い上げた木簡の模型(!)も販売しちゃってます。
特価300円です(ちょっと欲しい)。

 国歌の交易場跡での、なんともとっても奈良っぽいビジネス。う〜ん。奈良。

posted by 遷都1297年記念事業協会 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 平城京の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。