2007年04月14日

彼等の楽園?(奈良市)

kame-enkei+.jpg

なんだか淀んだ川辺ですが、これがいったいなんなのでしょうか?これじゃわからないので近付いてみましょう。

kame-up+.jpg

 そう、夥しい数の亀がひなたぼっこしているのです。

 僕が子どもの頃から、川を眺めると、いつも、こんな亀密度(へんてこな言い回しですが)でした。そして僕はこれが普通だと思ってました。

 大学に入って、知人を奈良に案内したとき、ふとこんな風景に出くわしました。そして言われました。この密度は異常だと。

 他の地域を検証したわけではないですが、どうも奈良は亀密度が高いようです。

 ただ、この風景、実は子どもの頃から変わらずの風景ではないのです。

 kame-up+.jpg

 こやつら、全てアカミミガメです。要するにもともとアメリカのミシシッピ川あたりに生息している帰化動物です。この亀の幼少期が屋台などで売ってる「ミドリカメ」なんです。

 僕が小さいときは、この風景の圧倒的主役はクサガメで、そこに時折日本唯一の固有種、イシガメが混じってました。

 あまり想像したくはないですが、アカミミガメが幅を効かせてる分だけ、クサガメやイシガメが姿を消したということです。

 のどかな奈良の風景に、亀の楽園を見た気がしましたが、もし、僕がクサガメなら(いきなり何を言い出すんだ)、酷く血なまぐさい戦場の中に身をおいてることになるわけです。

 逝ってしまったアジアの亀さんたちに御冥福を祈ります。そして、いまだ戦場にいるアジアの亀さん、頑張れ。

 
posted by 遷都1297年記念事業協会 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良のいきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38668186
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。