2007年04月22日

奈良な公園。(奈良市)

01kogai-fukei.jpg

よく見かける郊外住宅地の風景です。右手に公園があるようです。

02haniwa-benti.jpg

 埴輪?

03haniwa-benti02.jpg

 埴輪ベンチに、埴輪テーブル?

 奈良やからといって、またなんてベタな、、。とか思ってしまったのですが、この公園もう一度見渡してみると、、

04kamaato-ooiya.jpg

 何やらガラス張りの建物があります。早速、中を覗いてみます。

05kamaato.jpg

 おおっ!どうも、この公園、ただの公園ではなくて、古代の窯跡が発掘された遺跡付き公園だったようです。ちなみにこれは第3窯跡らしいです。やるじゃないですか。

08kamaato-rogo.jpg

ん?

06kofun-mizo.jpg

んんっ?

 何だか、この窯跡のまわりに不自然に土間っぽくあしらった道のようなものが見えます。これは何でしょう?

07rogo.jpg

 「古墳時代の溝跡」らしいです。

 ここでは、窯跡は第1〜第3まで、溝跡が一筋、発掘されたようです。ただ、保存して展示しているのは第3窯跡のみで、あとは埋めてしまって、その外形だけを土間っぽく処理しているのです。

 そして、ただロゴのみで「古墳時代の溝跡」って宣言しちゃっています。書道っぽい字体で、「いにしえ感」をグッと引き寄せて、、。


 郊外の公園に唐突に窯跡があるのも奈良らしいですが、最小限の保存をして、あとは面倒くさいから「ロゴでおっけいな処理」っていうのも何とも奈良らしいです。

 僕がちいさいとき、みんなのくちぐせは「おとろしい=
めんどうくさいの奈良南部の方言」でしたから。

 というわけで、とっても奈良な公園なのでした。

 
posted by 遷都1297年記念事業協会 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 平城京の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。