2007年05月26日

西大寺の変02。(奈良市)

32-kidan.jpg

 今回は西大寺の変なもののうち、まずは、この基壇からお話します。

 32-nanmon+.jpg

 南門をくぐると本堂までまっすぐ参道が伸びます。

32-kidan-hondo.jpg

 参道を進むと当然、本堂が近付いてくるのですが、その真ん前に基壇がどーんと鎮座しているわけです。

 この基壇、西大寺創建時にあった五重塔の基壇なのです。

32-kidanmiorosi.jpg

 その基壇を向くように本堂が建ってます。そして、本堂だけでなく
愛染堂も基壇を向きます。

32-kidan.jpg

 右手が本堂、奥の建物が愛染堂です。塔がない、単なる基壇なのですが、まさにこれを中核にすえたような何ともいえない伽藍となってしまってます。図解するとこんな感じです。

32-kidanmiorosi.jpg

 もう亡くなって久しい塔の根元に向けての、この求心的な構成。変な感じです。

 ただ、西大寺の変はまだまだ、これだけではないのです。それはまた次回にお話します。
posted by 遷都1297年記念事業協会 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 平城京の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。