2007年05月27日

水上鳥獣対決。(大和郡山市)

koriyama-chizu.jpg

何やらとっても青青とした地図です(見にくくてごめんなさい)。この青く塗られた箇所、実はそのほとんどが金魚を養殖する池なのです(以下「金魚池」)。

 大和郡山市は金魚の養殖が有名で、確か僕が小学校の頃まではその出荷が日本一だったと記憶してます。

ukabu-tori.jpg

 これもそんな「金魚池」のひとつです。

 うん?なにやら水面に浮かぶ丸い発砲スチロール板と、そこに屹立する鳥のようなものがいます。

taka.jpg

 これはタカです。「金魚池」にタカが!

fukuro.jpg

 そしてフクロウです。真っ昼間の「金魚池」になんとフクロウ!!

 おそらく金魚を食べに上空から襲ってくる鳥対策なのでしょう。
シラサギなどの水系に強い鳥か、はたまた悪さにかけて万能なカラスが、その迎撃対象でしょうか?

 鳥の王者タカなら、そんな来襲を見事に迎撃してくれるのかもしれません(模型やから動けないけどね)。

 でも王者タカもいかんせん鳥。鳥目で夜の来襲には対処できません。そこで夜の王、フクロウの登場です。夜の来襲に備えます(相手はやはりフクロウか?勝ち目あるのか?動くフクロウに。なぜなら、こちらは模型やから)。

 そんな金魚の町にくりひろげられる、鳥獣対決でした。
posted by 遷都1297年記念事業協会 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 大和郡山の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。