2007年06月09日

油断大敵。小さな神殿。(奈良市)

先の記事で、ベタな疑問を投げかけたにも関わらず放置気味ですみません。しかも今回はその回答とは無関係な小ネタです。重ね重ねすみません。回答編も後程お伝えしますが。少し準備が必要で、、、。

suiko-tenno-sya.jpg

 推古天皇社とあります。小さな春日造の神殿が鳥居の奥に見えます。別にほんとうになんてことない小さな小さな神社です。

 ですが、この入り口脇に、こんな看板があります。

 bohan-kanban.jpg

 「神殿 盗犯防止モデル地区」
盗犯って、ここのお賽銭を狙ってのことでしょうか?それとも春日造の神殿そのものが狙われているのでしょうか?うん。確かに小さいし、携帯可能なサイズですから。ありえないことないですね。

 にしても、そんな盗犯を防止する「モデル地区」って、、。ここで独自の盗犯防止の試みを実験的におこなって、そこで得た成果をマニュアル化して奈良全域へと展開させていくのでしょうか?確かに小さい春日造りしかない神社、多いですから、奈良は。

 この写真では見にくいですが、看板の左側に標語がついてます。

「チョットだけ ドロボウが狙う その油断」

 、、、。チョットしか狙わへんねんやん!!そんなん油断しちゃうよなぁ。

 っていうか、この標語がうながしたいメッセージ。なんとも微妙じゃないですか?「まぁ、ええかな、狙われても」って気分になっちゃいます。

 ということでどこかの小さい神社の、どうでもいいお話でした。

 
posted by 遷都1297年記念事業協会 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 平城京の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44287615
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。