2007年06月16日

よかった1册と、いま。(明日香村)

sekishitu-kara.jpg

いきなり、漆黒の国からすみません。これは飛鳥村にある岩屋山古墳の石室から、入り口を見返した情景です。漆黒の国というより、黄泉の国ですね。

 めっちゃ素で古墳の石室に入れちゃうのが、とっても素敵です。奈良県ってば。

kofun-gaikan.jpg

 さて、この古墳の外観は上のようです。こんもりしたまぁるい山に石室への入り口がぽっかり口を開けています。

iwaya.jpg

 そしてこの古墳の明治期の風景が上の図です。この絵は前回紹介した本に収録されているものです。借りてよかったあの1册です。

 この本には外にあらわれた風景だけでなく、石室も描かれています。復刻本では、図のように下部に赤ラインで石室見取りが描かれてますが、原盤では外観の図をペリッと上にめくると石室が見えるという、素敵なつくりになっていたようです。

 この古墳に関しては明治期の風景とさして変わってませんが、他の古墳を探訪した際に、絵図と比較しながら、その風景の変容を楽しみたいと感じました。

 やっぱり借りてよかった、この1册(めちゃくちゃ重たいけどね)。
posted by 遷都1297年記念事業協会 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 奈良の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。